新聞広告の疑問解決

新聞広告のメリットって何?わかりやすく説明して!

比較的高い所得を持つ、知的読者への訴求ができます

新聞読者のプロフィールは、各新聞社が媒体資料の中にまとめています。
世帯年収や資産額、新聞を読むことにかける時間、接触する時間帯、地域、男女比、年齢比など様々なデータがあります。
また、特に情報に対する感度が高く知的な読者が多いと言われています。
このページでは、読者層のデータについてまとめます。

知的で情報感度の高い読者への訴求ができる

朝日新聞の媒体資料には、新聞購読者の最終学歴というデータがあります。
朝日新聞と他の新聞を比較したものですが、それによると、朝日新聞読者で最も多い層は大卒以上であることがわかります。
その他の新聞では高卒が最多ですが、大卒も24.6%いるので、新聞読者は各紙ともに高学歴と言えるでしょう。

◎朝日新聞読者の最終学歴
1 大学・大学院…35.2%
2 高等学校・高等専修学校…26.6%
3 短大・高専・専門学校…21.1%
4 在学中…13.6%
5 中学校…2.3%
6 不明…1.2%

◎他新聞購読者の最終学歴
1 高等学校・高等専修学校…37.7%
2 大学・大学院…24.6%
3 短大・高専・専門学校…21.0%
4 在学中…10.3%
5 中学校…5.1%
6 不明…1.3%

読売新聞の調べでは、新聞に対する評価の第一位は「社会に対する影響力」。
第二位は「知的」。
第三位は「安心できる」。
第四位は「自分の視野を広げてくれる」。
第五位は「情報源として欠かせない」です。
このことからも、新聞読者が新聞をどのように読んでいるかが想像できます。
時間つぶしやエンタメ目的ではなく、信頼性を評価して情報を積極的に受け取っていると思われるため、広告媒体としては非常に優秀と言えるでしょう。

新聞読者は高所得者が多い。富裕層向けの訴求にも向いている

年収1,000万円以上の人の92%が新聞購読しているというデータもあり、新聞読者に高所得者が多いことがわかります。
朝日新聞の媒体資料によると、朝日新聞購読者の平均世帯年収は725万円。
最も多い層は、世帯年収700万円〜1,000万円です。

◎朝日新聞購読者の世帯年収
1 700万円〜1,000万円未満…21.9%
2 500万円〜700万円未満…
21.5%
3 300万円〜500万円未満…19.6%
4 1,000万円〜1,500万円…13.0%
5 300万円未満…12.5%
6 1,500万円以上…5.0%

特に注目すべきは、年収1,500万円以上の高所得者層の多さです。
朝日新聞の発行部数は778万部ですので、5.0%の38万9,000人が年収1,500万円以上ということになります。
他の媒体で高所得者向けを探そうとすると、出稿料金は割高となることがほとんどです。
新聞広告の料金は、部数が多いぶん単価が安いですし、かなりお得と言えます。

◎世帯年収1,500万円以上層の購読新聞
1 朝日新聞…25.6%
2 読売新聞…22.7%
3 日本経済新聞…21.3%
4 毎日新聞…5.4%
5 産經新聞…4.7%
特に高所得者が好むと言われるのは、朝日新聞です。
商材によって、媒体を使い分けて下さいね。

もっと新聞広告効果に関する疑問を見る
新聞広告の下段はなぜ書籍広告?効果あるの?
新聞広告の効果を出すには?ネットでテストし確実性を知る
新聞広告を出す際に、おすすめの掲載場所について
新聞広告は、富裕層向け商材に
新聞広告の効果って?どんな効果が期待できるの?
新聞広告を出す場合、デメリットはあるの?
話題になる新聞広告の事例を見るには
新聞ごとの読者の特徴を解説|朝日、読売、産経、毎日、日経
新聞広告の効果測定には、何を使えばいいのか?
新聞広告で全国版と地方版はどっちがいい?
新聞広告の効果的な使い方はどんなもの?
新聞広告の注目率って何?接触率と何が違うの?