新聞広告の疑問解決

新聞広告の効果的な使い方を検証!

事前にネットで調査をしておくと効果的に利用できます

新聞広告には、全面広告や、記事下、雑報など様々な種類の広告スタイルがあります。
どこで掲載するのか地域の選定など「いつ・どこで・どのように」掲載するかで、結果は変わります。
さらにネットで効果測定をしておくと広告の確実性をアップさせられます。
ここでは新聞広告の効果的な使い方を解説します。

ネット広告を使って低予算で効果測定をする

いくらデザインにこだわった新聞広告でも、最終的にアピールしたい商品が売れないと意味がありません。
せっかく予算をつぎ込んで新聞広告を出すのだから水物にしてはならないのです。

従来の広告制作は、カメラマン、コピーライター、アートディレクターなど……プロの目線だけで行われてきました。
最終的に目にするユーザーの反応は、広告を出すまでわかりません。
効果測定に時間がかかりすぎますし、莫大な広告費が無駄になるリスクがあります。
しかし、ネット広告なら小額で行うことができますし、ユーザーの反応が瞬時にダイレクトに把握できます。
そこで、新聞広告の前にネット広告でのA/Bテストを行うのがおすすめです。
A/Bテストとは、複数のパターンの広告を作り効果測定を行うこと。
その中で人気の高いデザインの広告を新聞広告につぎ込むのです。
広告の確実性を上げることができるのでオススメです。

購読者層と掲載する媒体選定の見極めがポイント!

ただただ発行部数の多い新聞社に広告を出したとしても思ったより効果は出ないでしょう。

例えば、2015年度の日経新聞媒体資料によると、購読者の年齢層は30代から50代が6割。
男性が64.2%と多く、ビジナスパーソンが中心となっています。
また、資産運用に関心を寄せ、プレミアム志向が強い読者が多いのも特徴です。

このようなデータがでている日経新聞に10代の女性向け雑誌の広告を出稿しても、効果が得られないのは誰もが分かることです(極端な話ですが)。
どこの新聞社にするのか、どういった年齢層に向けて、どのようなビジュアルで展開するのか……各社の媒体資料をチェックしたり、広告会社に相談をするなど、事前にリサーチすることが大切です。

ニーズにあった広告を新聞に出すことで、企業の信頼にも繋がります。
事前に計画をしっかり立てて最大効果を狙っていきましょう。

新聞広告の料金はこちらでチェック。

もっと新聞広告効果に関する疑問を見る
新聞広告の下段はなぜ書籍広告?効果あるの?
新聞広告の効果を出すには?ネットでテストし確実性を知る
新聞広告を出す際に、おすすめの掲載場所について
新聞広告は、富裕層向け商材に
新聞広告を出すことのメリットを解説
新聞広告の効果って?どんな効果が期待できるの?
新聞広告を出す場合、デメリットはあるの?
話題になる新聞広告の事例を見るには
新聞ごとの読者の特徴を解説|朝日、読売、産経、毎日、日経
新聞広告の効果測定には、何を使えばいいのか?
新聞広告で全国版と地方版はどっちがいい?
新聞広告の注目率って何?接触率と何が違うの?