新聞広告の疑問解決

新聞広告に求人を出すときに気をつけるべきことは?

新聞読者の多くが高齢・男性であることに注意

かつては求人情報の提供にも大きな役割りを担ってきた新聞ですが、現在は、求職者のほとんどがネットに情報を求める時代です。新聞読者自体の高齢化も顕著です。新聞広告で求人を出す際には、読者層を意識しましょう。新卒や20代の若者ではなく、高齢者の再雇用、主婦のパートなどには大きな効果があります。

求人情報はネットに求める時代。新聞には新聞ならではの道がある

公益財団法人「新聞通信調査会」が実施した全国世論調査によると、新聞の朝刊を読む人が70.4%に対して、インターネットでニュースを見る人の割合が69.6%となっています。
「ニュースはネット派」と、「朝刊派」の割合がほぼ同じになったのです。
新聞読者の高齢化が進み、新聞を読む若者が少なくなっています

就職情報誌に目を向けると、とらばーゆ、DUDA、an、フロムエー、タウンワークなど、紙媒体はのきなみ廃刊。媒体はネットに移行して久しいです。
採用情報は、同時にエントリーまでできるインターネットに求めることが当たり前になっています。

それでは、もう新聞で求人広告を出すことは意味がないことなのでしょうか?
読者層に合致する求人なら、そんなことはありません。
むしろ、高齢者の再雇用や主婦のパート募集には、ネットよりも新聞の方が良いかもしれません。
いわゆる2009年問題もありますし、人材難で高齢者の再雇用や女性活用はどんな企業にとっても必須の課題となります。
新聞広告での求人は、対象者を絞った案件に向いているのです。

求人広告を生かしたいなら広告会社に相談を!

日本には新聞社が100社以上存在しています。
全国紙が強い地域もあれば、地方紙が強い地域もあります。
やはり購読者の年齢層やどこの新聞社に出すのかを調査しないと、せっかく出稿したのに求人ゼロだった……という場合もありえます。

例えば、朝日新聞の求人広告は、信頼性・一覧性・速報性を兼ね備えています。
日経新聞であれば、ビジネスパーソンから支持を得ているため専門職や管理職の募集に強いのが特徴です。
`bp1地方紙は、圧倒的なシェアと、地域ならではの人材募集ができるため、かなりの求人効果が期待できます。
このように、それぞれ新聞社によってカラーがあるのです。
自社の方向性と照らし合わせて募集をかける必要があります。

そこで重要なのが広告会社です。
広告会社は豊富な新聞の媒体特性を把握し、求人広告を出したい会社とのマッチングを行います。
どのタイミングでどの新聞社に出せばいいのか相談することができるでしょう。

ちなみに求人広告を出す際は、新聞社の広告局に直接申し込むのでなく、代理店への申し込みが一般的です。
相談にも乗ってくれますし、予算に応じた提案をしてくれます。
記事を入稿し、広告内容の審査に問題なければ掲載となります。

新聞広告の料金はこちらでチェック。

もっと新聞広告に関するその他の疑問を見る
新聞広告には、掲載できない禁止用語がある!?具体例を解説
新聞広告の審査って何?落ちるとどうなるの?
新聞に記事広告を掲載してもらう方法について解説
新聞広告を出さずに、記事として取り上げてもらう方法
新聞広告は効果予測と効果測定ができます法
新聞広告を作る際、やってはいけない表現について
新聞広告の一面の下段は出版社しか掲載できないのでしょうか
新聞広告の入稿形式は、N-PDFへ統一か
新聞広告モニターで、新聞広告の効果予測と効果測定ができる
新聞広告賞の発表に注目しよう!
新聞広告は掲載日の何日前までに入稿すればいいですか