新聞広告の疑問解決

新聞広告の半5段のサイズを教えて!

天地を15分割したうちの5段に、左右を2分割した枠です

新聞には様々な広告形態があります。
新聞1ページの縦幅と横幅を最大限に使う広告を全15段(1ページ)と呼びます。
ここで解説する「半5段」とは、そのうち縦幅の5段と横幅の中間(1/2)を分割したサイズを言います。
雑誌や書籍など商品をアピールする場合にオススメの広告枠です。

クリエイティブなデザインがポイント! 

一部例外はあるものの、新聞広告で大きなスペースを使う場合は主に記事の下に配置されます。
それらは記事下広告と呼ばれ、新聞の5段ほどを使って展開します。
記事下広告の中で縦・横最大限のスペースを使うのが全5段と呼ばれる枠ですが、その次に大きいサイズが半5段になります。
半5段とは、全5段の半分のサイズのこと。
ちなみに新聞社によっては半5段のことを「5段1/2」と呼ぶ場合もあります。
半5段は雑報広告と違って、スペースもインパクトもあります
購読者の目につきやすく、訴求したい商品をアピールするにはもってこいの枠です。
どれだけ商品を訴求できるのか、購読者の目を止めることができるのか……それは「デザイン力」が鍵を握ります
写真やイラスト、目に付くキャッチコピーなど巧みに組み合わせていきましょう。
せっかくお金を使うのだから、こだわり抜くことも大切です。

12段組、15段組でも広告スペースは同一

近年では高齢者や若者にも読みやすい紙面作りを目指し、従来の15段組から12段組に移行している新聞があります。
この場合、新聞広告の料金やスペースはどうなるのでしょうか?
新聞広告は1段何円と販売するのが基本のため、12段組に価格を合わせてしまうと料金が安くなってしまいます。
よって、広告スペースは従来通りの15段組の名称、さらに同じ大きさで統一しているところがほとんどです。全国版の新聞の主なサイズ表(半5段)と料金を掲載しています。参考にしてください。
※変更の場合あり

朝日新聞 190×170mm  8,262,500円(税別)
産経新聞 189×170mm 2,550,000円(税別)
日経新聞 189.5×169.5mm 3,877,500円(税別)
毎日新聞 188×168mm 5,117,500円(税別)
読売新聞 189×167.5mm 9,285,000円(税別)

もっと新聞広告のデザインと入稿に関する疑問を見る
新聞広告デザイン、レイアウトで効果が高いのは?
新聞広告の最小の文字サイズは、何級、何Ptか?
新聞広告のデザインで、黒塗りベタは可能か
新聞広告に写真を使う際、潰れない濃度について
新聞広告の面の指定はできるの?料金はどうなる?
新聞広告のサイズの指定方法
新聞広告のデザイン料の相場は?
心を動かす新聞広告のデザイン、どうすればいいの?
新聞広告のサイズ一覧
全段の新聞広告で裁ち落としにできるのか
新聞広告の15段のメリット
新聞広告の入稿データに枠は必要ありません
新聞広告の入稿データでスミ50%はモアレの原因になる
新聞広告の写真の解像度は、モノクロとカラーで違う?