新聞広告の疑問解決

新聞に記事広告を載せてもらうことは可能ですか?

可能ですが、面積が限られることがあります

新聞広告で、黒塗り(スミベタ、K100%)に、白抜きの文字で表現することは可能です。
ただし、新聞社によって使用できる面積に制限がある場合があります。
詳しくは、新聞各社の入稿ガイドや広告規定をチェックして下さい。
また、スミベタに白抜きの文字は、読みにくいので、デザイン上注意するポイントがあります。

使用できる面積についての規定

全段スミベタでキャッチコピーのみの広告を作ったら、とても目立ちそうですよね。
しかし、実際には目にすることはないと思います。
これは、新聞社によってスミベタの面積に「広告面積の1/3まで」などの制限を設けているためです。
スミベタの面積に制限があるのは、汚れが出やすくなるため。
新聞を手で擦るとインクが落ちて手に付きますね。
K100%の原稿はインク落ちする可能性が高く、見開きの反対側にあるページを汚しかねません。
そこで、面積が制限されています。
「表現上必要な場合はK80%以下まで抑えること」という条件がある場合もあります。
この場合は広告スペース全面に濃いグレーを敷いて良いことになります。

スミベタに白抜きは反応率が下がることに注意

基本的にスミベタに白抜きは読みにくいという点に注意しましょう。
広告の反応率を調べるテストでは、白地に黒い文字の方が、黒字に白抜きの文字よりも明らかに高くなるというデータがあります。
下の文字を比べてみると、どちらが読みやすいか実感いただけるでしょう。




特に、商品説明などの文章、小さな文字を白抜きにするのは避けた方が無難です。
スミベタに白抜きを用いたい場合は、ワンポイントがおすすめです。
下は、映画『悪霊島』の有名なコピーです。
こんな風に、表現上必要である場合や、キャッチコピーのみに使用するのが効果的です。
ただし、白抜きは潰れやすく読みにくくなることから、文字には視認性の高いフォントを使用し、通常よりも1.5倍ほどサイズを大きくするなど工夫すると良いでしょう。




スミベタはうまく使って広告作成して下さいね!新聞広告の掲載料金はこちらからご確認いただけます。

もっと新聞広告のデザインと入稿に関する疑問を見る
新聞広告デザイン、レイアウトで効果が高いのは?
新聞広告の最小の文字サイズは、何級、何Ptか?
新聞広告に写真を使う際、潰れない濃度について
新聞広告の面の指定はできるの?料金はどうなる?
新聞広告のサイズの指定方法
新聞広告のデザイン料の相場は?
心を動かす新聞広告のデザイン、どうすればいいの?
新聞広告のサイズ一覧
全段の新聞広告で裁ち落としにできるのか
新聞広告の15段のメリット
新聞広告の入稿データに枠は必要ありません
新聞広告の入稿データでスミ50%はモアレの原因になる
新聞広告の半5段って何?どのくらいのサイズなの?
新聞広告の写真の解像度は、モノクロとカラーで違う?