新聞広告の疑問解決

新聞広告の効果を出すには、事前にネットでテストをする!

確実性を上げるために、ネットでの事前テストという方法があります

新聞広告の掲載料金は、発行部数が多いことから単価は安くても全体では高額になりがちです。
広告費用が回収できるかどうか、以前は「賭け」のようなところがありました。
しかし、広告予算が限られているこのご時世、そんな賭けには乗れませんよね。
そこで、ネット広告を併用してより確実性を高める方法をとる会社様が増えています。

水物扱いされてきた従来の広告業界の問題点

テレビCMも新聞広告も、クライアントは多額の費用を投じることになりますが、その効果は水物扱いされてきました。
効果が出るかどうかは、商品そのものの魅力、広告の魅力、露出回数など色々な要素があるので、媒体や広告代理店はどんなに自信があっても効果の補償を謳えません。
逆に言えば、クライアントに何百万、何千万円と「損」をさせても、いくらでも言い訳ができます。
しかし、クライアントが最も求めているのは、広告代理店の提案書にある「話題性」とか「かっこいいクリエイティブ」でなく、第一に効果の確実性です。
ここが決定的にズレたまま、媒体も広告代理店もバブル期と変わらぬ営業方法で、なんの検証性もなく定性的な言葉だけで広告を売り続けてきました。
結果、広告予算にシビアな目を持ち始めたクライアントから総スカンを食らっている、というのが従来メディアの現状です。
地方の電車に乗ると、中吊り広告なんかはスカスカになっていますよね。

ネット広告でテスト。新聞広告の効果を最大限にする

テレビCMや新聞広告は、依然として高い効果が見込めることがわかっています
必要なのはクリエイティブによる効果の違いを事前に知ることです。
そのためにおすすめなのが、比較的安価な予算で打てるネット広告で事前にテストをし、そのあと新聞広告を打つという方法。
従来は、代理店の広告マンが、有名なアートディレクターに依頼し、デザイナー、コピーライター、カメラマンなどと広告クリエイティブを作ってきました。
「少人数」の「プロの好み」だけで会議室で広告が完成していたのです。

しかし、ネット広告の世界では全然別の広告制作が行われてきました。
ネット広告は、多くの場合予算が少ないため、著名なクリエイターを起用できません。
写真一枚撮るために、ハワイにロケに行けません。
その代わり、少ない予算で効果を最大にするため、徹底してA/Bテストを行ってきました。
複数パターンのクリエイティブを作ってネット広告を出し、効果測定を行うと、最も集客力の高い広告が如実にわかります。
例えば、1,000万円のプロモーション費用があって、新聞広告、DM、販促物の頒布、イベントなど色々なことをしたい場合。
いきなり1,000万円を賭けるのでなく、基調となるクリエイティブを選定するにあたり、予算の1割ほどを使って事前にネット広告を行うと、広告の確実性をより上げることができます。
いかがでしょうか。
マスメディアでの広告は効果がわからなくて不安…という方、ネット広告との併用で最大効果を狙って下さいね!

もっと新聞広告効果に関する疑問を見る
新聞広告の下段はなぜ書籍広告?効果あるの?
新聞広告を出す際に、おすすめの掲載場所について
新聞広告は、富裕層向け商材に
新聞広告を出すことのメリットを解説
新聞広告の効果って?どんな効果が期待できるの?
新聞広告を出す場合、デメリットはあるの?
話題になる新聞広告の事例を見るには
新聞ごとの読者の特徴を解説|朝日、読売、産経、毎日、日経
新聞広告の効果測定には、何を使えばいいのか?
新聞広告で全国版と地方版はどっちがいい?
新聞広告の効果的な使い方はどんなもの?
新聞広告の注目率って何?接触率と何が違うの?