新聞広告の疑問解決

新聞広告のデメリットってあるの?わかりやすく説明して!

しいて挙げるならば、保存性の低さと読者層の高年齢化がデメリット

新聞広告を出すことにおける効果やメリットは多いことがわかっていますが、では、何かデメリットはあるのでしょうか?
新聞広告の掲載料金に対し、しっかり効果や結果を得るために、ここではデメリットである新聞の保存性の低さと、読者の高齢化についてまとめます。

新聞は毎日届くので保存される期間は短いが、即効性がある

新聞は毎日届くものなので、読み終わってしまえば古紙回収に回される場合がほとんどでしょう。
公益財団法人新聞通信調査会の「メディアに関する全国世論調査」によると、新聞を読む時間は1日平均で27.2分、自宅で午前中に読む人が73.6%を占めていることがわかります。
つまり、そのタイミングを過ぎてしまうと、再び目にされる可能性は少なくなってしまいます。
ただし、77.7%の人が新聞を読んでいるというデータもあり、情報の周知方法としては非常に有効な手段といえます。
また、毎日発行されるために、広告原稿の締め切りから掲載までの時間が短く、日にちをピンポイントで指定できるので広告の即効性も期待できます。
数千万をかけて制作しても数秒で流れてしまうテレビCMに比べ、新聞は最低でも1日は保管されます。
新聞広告の掲載料金も予算から選ぶことができるので、使いやすい媒体といえるでしょう。

読者層が高齢化しているため、ニーズに合ったデザインと内容で

新聞読者の高年齢化が進んでおり、商材によっては広告価値が低いものもあるのは事実です。
例えば、中高生向けの漫画やアニメなどの広告は訴求力が低いだろうと予測されます。
しかし、幼児や小学生向けの映画であれば、連れていく親や祖父母の世代へ訴求するという意味で効果は期待できます。
そう考えると、ビジュアル表現も子ども向けではなく「親が連れて行きたくなる子ども映画」である必要があり、デザインが重要になります。
また、年齢の高い読者に訴求するのであれば、マンションや自動車、老人ホーム、健康食品、書籍などの商材は手堅い効果が見込めます
つまりデメリットを少なく新聞広告を掲載するためには、新聞読者の傾向を知ること、広告と読者ニーズのマッチング、効果的な掲載時期を見極めることが非常に重要になります。

もっと新聞広告効果に関する疑問を見る
新聞広告の下段はなぜ書籍広告?効果あるの?
新聞広告の効果を出すには?ネットでテストし確実性を知る
新聞広告を出す際に、おすすめの掲載場所について
新聞広告は、富裕層向け商材に
新聞広告を出すことのメリットを解説
新聞広告の効果って?どんな効果が期待できるの?
話題になる新聞広告の事例を見るには
新聞ごとの読者の特徴を解説|朝日、読売、産経、毎日、日経
新聞広告の効果測定には、何を使えばいいのか?
新聞広告で全国版と地方版はどっちがいい?
新聞広告の効果的な使い方はどんなもの?
新聞広告の注目率って何?接触率と何が違うの?