新聞広告を掲載するまでの流れ | 記事下広告・雑報広告(小枠広告)など新聞広告の新聞広告ナビ

企業広告・環境広告・セミナー広告・不動産広告・書籍広告・意見広告など、
様々な広告に対応する新聞広告。雑報・小枠から記事下まで多彩なサイズをご用意。

掲載までの流れ:広告代理店について

新聞広告は看板やチラシ等と異なり、マスメディアという特性上多くのルールが存在します。特に大きな点は「新聞の窓口を持っている広告代理店」を通す必要がある点と、広告主および広告内容の審査がある点です。

新聞広告掲載までの流れ

広告主がいくら広告を出したくても、新聞社は直接広告主とやり取りはしません。(新聞社によっては死亡広告など緊急時に限り、一旦お話を受ける場合がありますが、 その場合でも広告代理店を紹介され、広告主とのやり取りは広告代理店が行います。)一部例外はありますが基本的には広告代理店を通す必要があります。

直接窓口を持つ広告代理店に申し込む場合と、直接窓口を持たない広告代理店に申し込む場合

またひと口に広告代理店といっても、WEB広告系の代理店や交通広告系の代理店など、扱っているメディアにより様々です。新聞広告の場合は、掲載したい新聞社の「直接窓口を持っている広告代理店」だけが新聞社に申し込むことが出来ます。そうでない広告代理店は、広告主と「直接窓口を持つ広告代理店」の間に入る事になります。また、新聞社系列の広告代理店のように、系列新聞のみ直接窓口で扱う場合もあります。(弊社は日本新聞協会に加入している全国全ての新聞の直接窓口を持っております。お気軽にお申し付け下さい。

 

新聞広告を掲載するまでの流れ

1. 広告代理店へお問い合わせ

新聞広告をお出しになる場合、まずは弊社までお問い合わせ下さい。どういった内容の広告をお出しになるのか、どの新聞に掲載したいのか、それはいつ頃のご予定なのか、ご予算はどれくらいか等、詳細をお伺いします。※原稿内容がある程度決まらないと正確な金額が出ないため、この段階では定価ベースのアナウンスとなります。

parts03

2. 新聞・広告内容・掲載日などの方針決定

弊社とのやり取りの中で、掲載紙、広告内容、原稿サイズ、回数、掲載時期などの大まかな方針を決めていきます。場合により回数やサイズなど、弊社からご提案する場合もあります。

parts03

3. 広告原稿作成

弊社が広告原稿を作成する場合、まずは広告内容の審査に向けて広告を形にします。広告主様が広告原稿を手配される場合はそのPDFを弊社までお送り下さい。

parts03

4. 企業審査と広告審査

新聞への広告掲載が初めての場合は、広告主様の企業審査が必要になり謄本などの審査書類が必要になります。過去何れかの新聞に掲載した実績があれば、企業審査は必要ありません。それに対し広告内容の審査は必ず必要で、新聞社の机上で審査が終わる場合は3日から1週間程度ですが、第三者機関である広告審査協会の審査が必要と判断されると、3週間近くかかります。※死亡広告などの臨時広告は例外です。

parts03

5. 広告の修正等

広告代理店から締切等のスケジュールをお出ししますので、それまでは修正等があれば修正し、広告原稿を完成させます。

parts03

6. 新聞紙面へのご掲載

当日紙面に掲載され、後日弊社から実際の掲載紙をお送りします。

 

上記はあくまで目安となり、実際には広告内容や掲載日などによって変わります。
まずは新聞広告の事ならお気軽にご相談下さい。

広告掲載のお問い合わせ・お見積もりはこちら

>新聞広告ナビトップに戻る