新聞広告の疑問解決

新聞広告のデザインってどうすればいいの?

様々な知識が必要なので、プロにお願いしましょう。

せっかく費用をかけて広告を掲載するのですから、できるだけ多くの人の印象に残るものにしたい!では、一体どうすれば良いのでしょうか。
自分で挑戦してみようと思う方もいるかもしれませんが、色々なルールがあり、知識も必要です。
一番安心で、効果的に広告掲載をするのであれば、デザイン事務所にお願いしましょう。

デザイン事務所に頼むことが一番安心です。

デザインには、Illustratorといったドローイングソフトや、Photoshopなどの写真の加工や補正、イラストの描画・彩色などに使用できるソフトが必須になります。
プロ向けのこれらのソフトは、以前は10万円以上もする商品でしたが、サブスクリプション方式(ダウンロード、月額制でアカウントを購入する方式)に販売方法が変わり、最初の一ヶ月は無料で、どちらも月額980円で使えるようになりました。
手軽になったため、文字主体で構成する記事中広告などは特に、一見自分で挑戦できそうに思えるかもしれません。
しかし、ハッキリ言っておすすめはできません
デザインはデザイナーに頼むのが一番安心です。
事務所よりもフリーランスのデザイナーに頼んだ方が一般的に費用は安価ですが、取引のないフリーランスデザイナーに頼むのはリスクがあります。
期待通りに仕上がるか出来上がるまでかわからず、また、快く修正に応じてくれない場合もあるためです。
事務所の方が安心感があり、おすすめです。

なぜデザイナーに頼むことが効果的なのか?

新聞広告は、人の目に入りやすい媒体ではありますが、一人が目にする回数や時間はそう多くはありません。
そのチャンスに、いかに広告を印象付けるかは、そのデザインにかかっています
例えば、これまで興味のなかった商品やサービスでも、デザインによって興味を引き、心動かされた読者の購買意欲に繋がることも多いのです。
期待通りの効果を得るために、プロにお願いすることで、商品や企業の魅力やイメージをしっかりアピールしましょう。
また、デザインしたデータは、入稿データにする必要があります。
孤立点の削除、特殊フォントのアウトライン化、トンボの有無など、様々な注意点があるので、知識が必要になります。
新聞広告で推奨されているN-PDF形式での入稿も、基本的な知識がないと難しく感じるでしょう。
入稿データに不備があると、最悪の場合は原稿が落ちることもあるため、やはりデザイン事務所にお願いするのが一番安心で効果的な方法と言えます。
新聞広告の掲載料金はこちらのページからご覧下さい。

もっと新聞広告のデザインと入稿に関する疑問を見る
新聞広告デザイン、レイアウトで効果が高いのは?
新聞広告の最小の文字サイズは、何級、何Ptか?
新聞広告のデザインで、黒塗りベタは可能か
新聞広告に写真を使う際、潰れない濃度について
新聞広告の面の指定はできるの?料金はどうなる?
新聞広告のサイズの指定方法
新聞広告のデザイン料の相場は?
新聞広告のサイズ一覧
全段の新聞広告で裁ち落としにできるのか
新聞広告の15段のメリット
新聞広告の入稿データに枠は必要ありません
新聞広告の入稿データでスミ50%はモアレの原因になる
新聞広告の半5段って何?どのくらいのサイズなの?
新聞広告の写真の解像度は、モノクロとカラーで違う?