新聞広告の疑問解決

新聞広告に暗い写真を使うと、潰れてしまうと聞いたのですが

85%以上はほぼベタになり、階調が出せません

新聞広告に暗い写真を使用すると、確かに潰れてしまいます。
85%以上のグレーになるとほぼベタになってしまい、階調が鮮明に出ないので何の写真かわからなくなってしまいます。
そのままでは審査に通らない可能性が高いので、新聞各社が設けている入稿ガイドや広告規定を確認することが必須ですが、一般的に言われていることについて解説します。

潰れの原因「ドットゲイン」とは?

印刷デザインをする際は、紙の特性も考慮してデータ作成する必要があります。
新聞広告に暗い写真を使用すると画像が潰れてしまうのは、ドットゲインが原因です。
ドットゲインとは、網点のインクがにじみによって太る現象です。
例えばK50%の網点を作ると、インクが乗るのは50%、残り50%は白になり、グレーが表現されます。
しかし、ドットゲインが起こると網点が太ってしまい、実際には50%の白が残りません。
すると、全面的に濃いグレーとなってしまいます。

これは、紙とインクの状態によって起こります。
例えばコート紙は、写真が鮮明に出る特徴があります。
これは表面にコート剤が塗布されており、インクの染み込みやにじみが少ないためです。
新聞紙は安価で薄い紙を使用しているので、インクが染み込みやすくにじみやすい紙となります。

モノクロは85%以下、カラーは総インキ量240%以下に

モノクロ原稿の場合は、Kの濃度は85%以下が推奨されています。
また、カラー原稿の場合は総インキ使用量を240%以下に抑えるのがポイントです(新聞社の入稿ガイドラインでは250%以下と指定されていることが多いです)。
網が 50%を超えるあたりからドットゲインが現れ、階調が約25%程度上がると言われています。
もし暗い写真を使用する際は、全体的に25%程度トーンを明るくする、コントラストを強くするなどの工夫が必要です。
新聞社の広告規定に外れている場合や、写真が潰れる恐れのある場合は新聞社が審査に落としてくれるのが一般的ですが、稀に「事故」が起きることもあります。
データの作成には、基本的な印刷知識のほか、新聞広告特有のデータの作り方についての知識も求められます。
新聞広告を多く手掛けているデザイナー、広告代理店を起用するのが望ましいでしょう。

新聞広告の掲載料金、媒体の特性はトップページからご覧いただけます。

もっと新聞広告のデザインと入稿に関する疑問を見る
新聞広告デザイン、レイアウトで効果が高いのは?
新聞広告の最小の文字サイズは、何級、何Ptか?
新聞広告のデザインで、黒塗りベタは可能か
新聞広告の面の指定はできるの?料金はどうなる?
新聞広告のサイズの指定方法
新聞広告のデザイン料の相場は?
心を動かす新聞広告のデザイン、どうすればいいの?
新聞広告のサイズ一覧
全段の新聞広告で裁ち落としにできるのか
新聞広告の15段のメリット
新聞広告の入稿データに枠は必要ありません
新聞広告の入稿データでスミ50%はモアレの原因になる
新聞広告の半5段って何?どのくらいのサイズなの?
新聞広告の写真の解像度は、モノクロとカラーで違う?