新聞広告の疑問解決

上場記念広告って何?なんのためにやるの?

企業の価値を高め、広く株主にアピールします

新規上場や指定替えなどの告知を、上場記念広告や上場告知広告、上場挨拶広告と言います。
上場記念広告は、経済に興味がある方にとってはニュース性のある記事となります。
一般的な商品広告は目にとめない読者にも、読んでもらえる可能性が高いのです。
ブランド力や知名度のアップ、事業内容の周知、投資家へのメッセージなどを告知します。

上場は会社の信頼度が上がる時。広告チャンスです

上場の目的や意味を正しく答えられる人は意外と少ないものです。
東証一部と二部の違いなんてなおさらです。
しかし、「あそこのお父さんは上場企業に勤めているそうだよ」とか「親戚のナントカ君が、上場企業に就職したそうだ」という話には、漠然と「へー、すごいね」と答える方が多いでしょう。

時価総額の基準が一番小さいマザーズやジャスダックでも、10億円規模の売り上げを維持安定できる証拠ですから、上場には優良企業としてのお墨付きといったイメージがあります。
上場記念広告には、投資家を募る、株主への告知という意味もありますが、投資家以外の一般の方への宣伝効果も強くあります。
企業の信頼感や勢いをアピールする絶好のチャンスです。


上場記念広告は、どんな内容がいいだろう?

上場記念広告は、目にとめてもらうためのニュース性が大事ですから、メインとなるキャッチコピーはひねったものではなくシンプルなものがいいでしょう。
「おかげさまで○○株式会社は本日、東証第一部へ上場しました」「○○株式会社はマザーズから東証第一部へと指定替えします」など端的に大きく掲載するパターンが多いです。
広告サイズは、5段1/2、全5段、全7段、全15段(1ページ)など様々で、掲載場所によって新聞広告の掲載料金は異なります。
掲載枠が小さめの場合は、上場告知一文だけという場合もありますし、大きな枠が買える予算がある場合は、事業内容や、お客様のご愛顧への感謝、これから募る投資家や株主への展望、代表メッセージなども合わせて掲載されます。
メッセージはインタビュー形式にすると、読み物として価値があるので、じっくりと読者に読んでもらうことができます。


もっと新聞広告料金と種類に関する疑問を見る
新聞広告の記事下広告とは、どの部分か
新聞広告の料金の相場は?どうやって決まっているのか
謝罪広告とは、被害者の名誉回復のために行うもの
媒体ごとの新聞広告料金を比較する
知っていますか?新聞広告の「突出」ってどの部分?
新聞広告で一面に掲載したら料金はいくらか
意見広告とは、理念や主張を掲載できる広告のこと
新聞広告の記事中とは?メリットは?
新聞広告の料金は部数と接触率で決まる
新聞広告の料金表はこちら!
周年記念広告って何?なんのためにやるの?
新聞広告の記事バサミってどこのこと?
新聞広告の料金ってサイズによって違うの?
サンヤツ広告って何?サイズと、向いている商材って