新聞広告の疑問解決

新聞広告の突出ってどこのこと?

紙面の記事スペースに並んで、右端か左端に位置する部分

社会人でも新聞広告の「突出」と聞いて、ピンとこない人は意外に多いのではないでしょうか。

突出は、紙面の記事スペースに並んで右端か左端に位置する部分を言います。

新聞広告には、掲載する位置によって様々な呼び方がありますが、ここでは、その中の「突出」について解説します。

突出は手のひらサイズの小スペースです。

新聞広告は、編集記事の下に掲載されている「記事下」と呼ばれるものと、それ以外の、記事の中に挿入されている「雑報」と呼ばれるものがあります。

雑報は小枠とも呼び、スペースが全1段に満たないもので、「題字下」、「記事中」、「記事バサミ」、そして「突出」などがあります。

その中で「突出」は、編集記事部分の右下隅もしくは左下隅に位置するもののことで、掲載記事下のスペースから、上の掲載記事スペースへ突き出しているように掲載されるためにその名がついています。

新聞各社の掲載ページによって多少サイズの違いはありますが、例えば日経新聞では横52.5mm×縦66.5mm、読売新聞の一面だと横45mm×縦82mm、テレビ欄だと横98mm×縦99mmなどの手のひらサイズのスペースです。

新聞各社により、新聞広告の掲載料金も異なります。

メリットは、小さいスペースながらも自然と注目されやすいこと。

突出のメリットは、文字が主体の記事スペースの中に掲載されるので、スペースが小さくても掲載記事を読む際に無意識に目に入ることです。

昨今はカラー印刷の技術も向上し、ビジュアル面での訴求力もアップしています。

アド・ボイス定型調査(読売新聞の調べ)によると、「朝刊1面突き出し」と「朝刊テレビ面突き出し」が、「確かに広告を見た」+「見たような気がする」で約70%、「確かに見た」では40%強となっており、最も注目される雑報スペースであることが分かります。

また、毎日の新聞の読み方が決まっている人が多いので、シリーズ展開で繰り返し広告を掲載することで確実に読者にアプローチすることができます

中面広告への誘導に使うことで中面の広告注目率を高めたり、同日に複数の小枠広告を掲載することも有効な使い方になりうるでしょう。

突出は、小さいスペースながら読者の目にしっかり留まる、効果的な記事スペースです。

もっと新聞広告料金と種類に関する疑問を見る
新聞での上場記念広告は必要?
新聞広告の記事下広告とは、どの部分か
新聞広告の料金の相場は?どうやって決まっているのか
謝罪広告とは、被害者の名誉回復のために行うもの
媒体ごとの新聞広告料金を比較する
新聞広告で一面に掲載したら料金はいくらか
意見広告とは、理念や主張を掲載できる広告のこと
新聞広告の記事中とは?メリットは?
新聞広告の料金は部数と接触率で決まる
新聞広告の料金表はこちら!
周年記念広告って何?なんのためにやるの?
新聞広告の記事バサミってどこのこと?
新聞広告の料金ってサイズによって違うの?
サンヤツ広告って何?サイズと、向いている商材って